成人矯正

当院の矯正治療の特長---見えない矯正

13歳以降の成人期に行う矯正治療を、成人矯正と総称します。矯正治療を始めるにあたっては、何歳になっても遅すぎるということはありません。ミニインプラントなどを活用し、60代で矯正治療を始めた方の症例もあります。

 

特に大人の方の矯正においては、矯正器具が人目に付きやすいことが矯正治療へのハードルとなることが多いでしょう。当院では、歯の裏側に矯正器具を装着する裏側(舌側)矯正を積極的に行っております。

 

お仕事などで人前に出ることが多い方にもおすすめできるほか、歯の裏側すなわち口の中に矯正器具を装着した方が、唾液の働きによって虫歯になりにくいというメリットもあります。

 

表側での矯正に比べて費用が高額になってしまうデメリットはありますが、患者様のご要望によって上側の歯だけを裏側矯正で行い、目立たない下の歯については表側で矯正をする方法もあります。

 

裏側矯正で抜歯をともなう場合、矯正器具が見えないため、抜歯した部分の抜けが目立ってしまうのですが、そのような場合もダミーの歯を入れて目立たなくすることもできます。また表側の矯正でも、矯正ブラケットにプラスチック製の器具を用いるなどして、極力目立たせないことが可能です。

 

かつては裏側で行う矯正は、表側に比べて期間が長くかかるというデメリットもありました。しかし現在では矯正技術の発達により、そのような差はありません。矯正期間は一般的に、抜歯をともなう方で約2~2.5年。歯を抜かずに治療する場合は約 1.5~2年程度が標準的です。

 裏側(舌側)矯正表側矯正
目立たない ×
費用の安さ ×
治療期間の短さ
虫歯のなりにくさ ×

矯正の種類

フルリンガル矯正とハーフリンガル矯正

矯正治療は、歯にブラケットとワイヤーを装着することによって行います。裏側矯正においては、この器具を歯の裏側に装着しますので、日常生活の中で周囲の人たちから矯正治療中であることを気づかれることはほとんどありません。

 

フルリンガル矯正とは、上下の歯の矯正を裏側で行う矯正治療。ハーフリンガル矯正とは、上の歯だけ裏側、下の歯は従来の表側に器具を装着して行う矯正治療です。個人差はありますが、笑った際などにもあまり下の歯が見えない患者様については、ハーフリンガル矯正でも、違和感のない場合が多いでしょう。フルで行うかハーフにするかは、患者様のご希望によってお選びいただけます。裏側矯正の方が表側に比較して費用が高いので、コストを抑える面でもハーフリンガルはおすすめできます。

ミニインプラント

インプラントというと、いわば義歯のような働きをするものを想定される方が多いかと思いますが、ミニインプラントは失われた歯を補う人工歯根ではありません。矯正の際に、動かしたい歯を目的の位置に動かすために一時的に用いる矯正器具の一部です。

通常の矯正では治療が難しい歯もミニインプラントの活用によって動かすことができます。通常の矯正では、2本の歯をそれぞれ引っ張ることによって動かすため、必ず2本以上の歯が動くことになりますが、ミニインプラントを活用すれば、目標とする1本の歯だけを動かすことができるためです。

症例によっては、治療時間を短縮できるというメリットもあります。ただし、インプラントを埋め込むための外科的手術が必要になります。また、口内を清潔に保つことが不可欠となり、細菌感染によってインプラントに緩みが生じると、再手術が必要になるというリスクもあります。

状態によりミニインプラントを使用しない場合、ヘッドギアを用いて矯正治療をする場合もあります。治療方法は患者様個々の状況によって変わってきます。詳しい治療方法はご相談のうえ決定していきます。

矯正治療の流れ

初診相談

矯正についてご相談になりたい方は、まずお電話でご予約下さい。
お口とお顔の状態を診察して、装置の内容、治療期間、費用等の概略をお話しします。
当院では初診の段階で、矯正治療を受けるかどうかの判断材料として必要十分なご説明をいたします。
ご不明・ご不安な点は、このときに何でもお尋ね下さい。

精密検査

矯正治療をご希望の患者様には、下記の精密検査を行います。

  • レントゲン撮影(顔と歯並び)
  • 顔貌写真撮影
  • 口腔内写真の撮影
  • 歯型の採取

矯正診断

検査結果を踏まえ、治療前の状態~治療方針と方法および注意点~治療後のお顔の予測までを、プリントアウトをお見せしながらご説明します。

意思確認

矯正治療を受けられるかどうかの確認をいたします。ご質問も何なりとお聞かせ下さい。矯正を受けられることを決定されましたら、費用とお支払い方法について説明と同意の手続きをいたします。

矯正治療の準備

虫歯の治療など、矯正治療のできる状態を整えます。

矯正治療の開始

違和感を少なくするため、上の歯の矯正装置と下の歯の装置の装着は、日をずらして行います。ダミーの歯の装着(患者様のご希望により)なども、このときに行います。

矯正治療

3~6週間の来院で矯正治療を進めます。1回の治療にかかる時間は、15~45分程度です。

保定(メンテナンス)

歯並びが整ってからも、安定するまでには時間がかかります。一定期間は装置を装着して頂き、定期的なチェックを行います。期間には個人差がありますが、当院では5~10年という長いスパンでメンテナンスをしています。