小児矯正

小児矯正=抜かずに済む可能性が高い矯正治療

すべての小児矯正において抜歯が不要というわけではありませんが、当院の小児矯正においては、極力歯を抜かずに矯正することをモットーにしています。そのため患者様における治療の負担が低いものと考えられます。

小児矯正とは?---成人矯正との違い

12歳までの小児期に行う矯正を、小児矯正と総称します。いわゆる受け口や出っ歯のほか、歯並びのガタつきなど気になる点がある場合、歯科医院にてご相談されることをおすすめいたします。

 

歯並びをキレイにすることは、お子様の身体の健やかな成長に必ず役立ちます。歯磨きがしやすくなり虫歯を予防できますし、13歳以降の成人矯正とは異なり、手術や抜歯が必要ありません。これらの歯科的な見地によるメリットに加えて、そのほかにもさまざまな長所があります。

 

食事の際、ものをよくかもことができるので、消化吸収がよくなり、体の成長の上でもプラスになります。また、スポーツに取り組むときに、かみ合わせがよくないと、持てる力を発揮できないことにもつながりかねません。

 

歯並びも含めてお子様の歯の健康について考慮なさるのは、保護者の方以外にありません。矯正について、大人の歯がすべて生えそろってからするものとお考えになる方もいらっしゃるようですが、そうではないのです。費用の面でも成人に比べ低く抑えられる可能性が高い小児矯正。できるだけ負担を軽く、そして最大限に健康な歯を手に入れるため、1日も早くご相談下さい。

小児矯正の治療内容

出っ歯など歯並びの治療

院長が開発したオリジナルの器具を主に使用します。取り外し式で、主に就寝時に装着する器具で昼間は外しておけるので、人に見られることがありません。この器具は高い効果が得られるため、国際学会での発表実績もあります。

受け口の治療

症状によって治療の方法を個別に決定します。取り外し可能な器具を用いる場合も、取り外さない器具を用いる場合もあります。

第1期治療と第2期治療

12歳までの生え代わり時期に行う治療を第1期治療としています。第1期治療でご満足のいかなかった方のみ、永久歯を対象とする第2期治療に進んでいただきます。第2期治療の費用は成人矯正と同等ですが、第1期治療と第2期治療の差額のみをお支払いいただいております。

 

小児矯正の保定(メンテナンス)治療中は、3~6か月に一度来院していただきます。その際、歯石除去や虫歯予防のフッ素塗布など、お口の衛生管理もいたします。